不動産に関するちょっとした豆知識【新築戸建て 編】

こんにちはアジア住宅販売の林です(^-^*)ノ 

家探しをしていると、よく目にするけど実はあまりよくわかっていない。なんてよくあることですが、本日はそんな家に関するちょっとした豆知識をご紹介致します。

・・・・・新築一戸建て編・・・・・

 

 

 

 

 

 

①『新築・未入居』

人が住んでいなくても1年たつと新築とは言わない。「未入居」になります。

②『ペアガラス』

複層ガラスの商品名。2枚の板ガラスの間に乾燥した空気を密封してあるものが多い。断熱遮音効果が高く、結露防止にも役立ちます。

③『W.I.C』

ウォークインクローゼット。歩いて中に入れる大型の収納スペースのことです。

④『パントリー』

食品庫のことをさします。キッチンの一部分に作りつけられた収納庫のことを言います。もともとは欧米の住宅に見られるキッチンの「次の間」的な場所で、食器、調理器具、常備食などの貯蔵室を指します。

⑤『サイディング』

サイディングとは、本来は羽目板や下見板など外壁に張る板材の総称。一般的に、セメントやセラミック、金属を使った工業製品化された外壁材を指す。最近では、耐久性や断熱性、防火性、デザイン性(タイル風、石材風など表面の意匠もさまざま)に優れたものが開発されています。

⑥『24時間換気システム』

24時間換気とは、給気口、排気口を設けた自然換気とは異なり、ファンなどを設置し、24時間、強制的に室内の空気の入れ替えを自動的に行う「換気設備」のことです。

⑦間仕切り

間仕切りとは、建物の内部を区切るものです。壁などのほか、カーテンや襖(ふすま)、家具などを活用するものもあります。間仕切りには固定式のものと可動式のもの、開閉式のパーテーションなどがあります。

⑧『ベタ基礎』

基礎の立上りだけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリも侵入しにくくなります。

⑨『住宅性能評価書』

「住宅性能表示制度」に基づいて発行されるものです。この制度は住宅の性能を、法律に基づいた一律の基準で表示・評価するために作られました。この制度のおかげで、様々な工法で作られる物件を横並びに比較することが出来るようになり、物件購入の際、専門家ではない私たちでも比較検討がしやすくなったのです。

●以下の10項目について評価します。

1.【構造の安定】・・地震・風・積雪に対しての建物の強さを評価します。

2.【火災時の安全】・・火災の早期発見のしやすさ、外部からの延焼に対する耐火性を評価します。

3.【劣化の軽減】・・柱や土台の劣化の進行を遅らせるための対策を評価します。

4.【維持管理・更新への配慮】・・排水管・水道管・ガス管の点検・清掃・修繕のしやすさを評価します。

5.【温熱環境】・・建物の冷暖房を効率的に行う為の断熱などの省エネ対策を評価します。

6.【空気環境】・・室内への有害物質の発散量、換気対策を評価します。

7.【光・視環境】・・室内の明るさを、部屋の広さに対する窓の大きさの割合で表示します。

8.【音環境】・・開口部の遮音性能や、共同住宅の上下又は隣接する住戸への音の伝わりにくさを評価します。

9.【高齢者への配慮】・・高齢者や子供が暮らしやすいよう、バリアフリーの程度を評価します。

10.【防犯】・・犯罪者が住宅に侵入しないよう、開口部に対策がとられているかを評価します。

⑩『建築確認番号』

建築確認番号とは、行政手続の一つの建築確認にて法令に適合した建築計画に付与される番号のこと。この建築確認番号がなければ着工することができません。

⑪『フラット35』

住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して取り扱う長期固定金利型の住宅ローン。最長35年間金利が変わらない、借入時に返済額が確定する、保証料と繰り上げ返済手数料が無料などの利点があります。

 

 

 

 

 

以上。家に関するちょっとした豆知識でした(∩∀`*)まだまだいろいろございますが今更だけど人に聞くのも恥ずかしい・・など、弊社スタッフが丁寧にお教えします!!是非、お気軽に当店へお問い合わせ下さいませ。株式会社アジア住宅販売 川越本店では、スタッフ一同が心を込めてご相談させて頂きます。

株式会社アジア住宅販売川越本店

 

 

 

 

 

住所/埼玉県川越市大塚1-32-1 アジアビルディング1F

駐車場/店舗横に有

営業時間/平日9:30~18:30  土日祭 9:00~18:00

定休日/水曜日

TEL/049-238-9001

不動産のことなら何でもご相談下さい。スタッフ一同心よりお待ちしております。