不動産を売却する際の当川越本店でのご提案

こんにちは。アジア住宅販売 川越本店営業の新井です。4月も半ばに入りました。花粉症で悩まれている方は、もう少しの辛抱ですね。そして、ゴールデンウィークももうすぐですし、お出かけなど、楽しみにされている方もいらっしゃいますでしょうね。

はじめての不動産の売却

皆様は不動産を売却しようとする際、最初になにをやりますでしょうか?たぶん皆様は何をして良いのかわからないので、まずは、不動産会社を探すことになると思います。自己所有の不動産、若しくは相続等で得た不動産を売却して現金化する際、一番重要なポイントはそこにあると思います!!

 

 

 

不動産会社での通常取引概要

皆様が初めての不動産売却する際、最初に思い浮かぶ不動産会社は、CM等で見慣れている大手の不動産会社さんだと思います。大手不動産会社は規模が大きくCMのように広告して、販売チラシ等を沢山撒いてくれると思って売却を依頼される方がほとんどだと思います。ですが、売却を依頼してからの動きは皆様が考えていることとはまったく異なります。

重要なのが…中古戸建、個人所有(不動産会社所有以外)の不動産取引は基本①売主様②売主側媒介不動産会社③買主様④買主側媒介不動産会社 の4者で取引をするのがほとんどになります。

 

 

 

不動産会社の仕組み

大手不動産会社がやっていることは大きな広告をして②売主側媒介不動産会社になることです。売主様から売却依頼を受けた不動産会社は売主様の為に、物件情報を告知し(他社不動産会社に物件情報を渡す)、売主様の為に希望価格で早く成約することを目指します。成約まで辿り着いたら成功報酬として仲介手数料が発生します。先程のように、4者で契約しますと②売主側媒介不動産会社と④買主側不動産会社が売主・買主それぞれから手数料を頂く形になります。

 

 

 

ですが、大手不動産会社は違う手法使い利益を多く得ようとしています。それは、、、売却依頼を受けた物件を自社のみで販売活動をし他社不動産会社に物件情報を与えない等をして④買主様側媒介不動産会社に他社にやらせず自社で④買主様側媒介不動産会社にもなることです。他社不動産会社が問い合わせをすると「すでに申込みが入っている」や「売主様の都合がつかなくて内覧ができない」など言って他社不動産会社遠ざけ、一般のお客様が見たいと言ったらご案内するのが現状です。そうなりますと、本来ならもっと早く売れていたり、もっと高く売れていたなど売主様が損することがほとんどです。他社不動産からの申込みを断り、売主様には希望価格では売れないからもっと安くしましょうと言い不動産買取会社に買取をお願いすることもあります(この場合不動産買取会社からも手数料を頂いております。)こうなりますと売主様が損をして大手不動産会社は手数料を2者から頂くので、通常取引より手数料が増え得をします。

弊社での不動産売却対応の仕方

私たち不動産会社・営業からしますと、売却を大手不動産会社に依頼しているお客様を見ますと「もったいないなぁ~」と思います。当社は大手不動産会社とは違いお預かりさせて頂いた物件は積極的に告知や、広告へ掲載・毎週の近隣ポスティング等を行い売主様の為に、早期契約を目指しております。売却をお考えの方は、大手不動産会社に依頼をされるまえに是非一度当社にご相談頂ければと思います。売却は豊富な情報、小回りにきくフットワーク、地元に強いアジア住宅販売にお任せ下さい

 

 

 

お客様の、それぞれのご希望に沿って、スタッフ一同ご相談を承りますので、

どうぞ、お気軽に当社スタッフまで、お問い合わせくださいませ。

TEL:049-238-9001までどうぞ!!

お待ちしております\(^o^)/