外壁にはどんな種類があるの?特徴とメリット・デメリット

みなさん、こんにちは。アジア住宅販売大宮営業所の冨樫です。建物の外観を演出するうえで、外壁はお家のひとつの個性となります。 外壁にどのような材料を使うかはみなさんの「好み」に委ねられます。

しかし、どうすればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
せっかく外壁を決めるのであれば「好み」のほかに「特徴」を把握することで、自分たちの理想のお家になると考えます。
今回はそれぞれの外壁の特徴とメリット・デメリットをご紹介していこうと思います。

1.窯業系サイディング

窯業系サイディングはセメントに木質繊維を混ぜ合わせたものです。表面塗装によって耐久性を高める工夫が施してあり、最近では技術の発達により、長期的に外壁の美観を保つ部材も増えています。

メリット

デザインや色が多彩なので、モルタル調やタイル調など好みにあった外壁を選ぶことができる。
耐久性に優れていて、美観を長く保つ事ができるものもある。
・地震や火災に強い

デメリット

・シーリング(サイディング材のつなぎ目に注入するゴム状の補強材)が劣化してくると、雨漏りの原因となる。
・サイディングの表面の塗装や塗料が経年劣化して、雨水が外壁に沁み込むようになってくる。雨水を含んでしまうと、変形したり、割れてきたりする。

2.ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はアルミニウムと亜鉛による合金めっき鋼板のことをいいます。
防錆性や耐久性が高くリーズナブルで、住宅の外壁材で需要が多い材料です。

メリット

・おしゃれな外観を手に入れられる。金属の質感をそのまま活かしたもの、シンプルな無地・シンプル木目調・タイル調のものなど意匠性が高い
防水性の高さ。表面が金属板のため、吸水や水の浸透を防ぐ構造になっており、屋根材としてもよく使用されている。

デメリット

・外壁に使用する素材としては薄いので、へこみやすい
断熱性能が弱いので住宅自体の断熱性を上げる必要があるのでその分、追加で費用がかかってしまいます。

3.塗壁

意匠性が高く、表面を仕上げるさまざまな色味やパターンを組み合わせることができます。耐久性にも定評があります。

メリット

・素材によって個性が楽しめる。
・デザインが自由
・石材系で材料を構成しているので防火性能が高い。

デメリット

ひび割れをしてします。
・サイディングボードに比べ、人件費のコスト等がかかるためコストが割高

4.木材

木材は家の中だけでなく、外壁にも使う事ができます。
外壁に木を使う場合、このようにアクセントとして使う場合が多く、雰囲気の良い趣のある家になります。

メリット

・無垢の木材が持つ豊かで見栄えのよい表情が得られる。
・人工物特有の不自然さがない。
・熱を吸収しにくく表面温度が上がりにくいので断熱性が高い。
・「自然」がデザインを手掛ける無垢材には唯一無二のデザイン性が宿る。

デメリット

・メンテナンスを怠ると劣化が早い
・表面塗料が厚くなると見栄えが悪くなる。
・質の高さに比例してコストも上がる。
・取り扱い店が少ない。

5.タイル

汚れが付きにくく、色落ちや劣化もほとんど無いので、メンテナンスがほとんどいらない外壁材です。また高級感もあるので、非常に優れた外壁材と言えます。

メリット

・他と比べ高級感がある。
・擦りキズや引っかきキズが付きにく耐久性が高い

デメリット

価格がかなり高い。
・個性が強い物が多いので、外壁全部をタイルにするとちょっと重たい見た目の家になる可能性がある。

まとめ

このように、外壁の表現のしかた、材料の使い方はさまざまです。
それぞれの外壁材にはメリット、デメリットがあるので、どの材料を使うか迷ったときは、
「外観の好み」「金額」「メンテナンス」この3つを基準にして選ぶと失敗することが少なくなるのではないでしょうか。また、上記の素材を組み合わせるのもありだと思います。