【人気上昇中】平屋のメリット・デメリット【おしゃれな居住空間】

ご覧いただき誠にありがとうございます。
アジア住宅販売 志木支店営業 前田です。

梅雨に入り最近は雨の日が続いていますね。
暑さも加わり熱中症などに気を付けていかなければなりません。
最近では熱中症予防のタブレットも出ているので便利ですね。
なってからでは遅いので皆さんも早め早めの対策をして乗り切りましょう!

さて、余談が長くなってしまいましたが、
本日書かせて頂きたいテーマは
「平屋のメリット・デメリット」
について書かせて頂きます。
人気な平屋ですが、購入を考えている方へ少しでもご参考にして頂ければ幸いです。

それではさっそく「平屋のメリット・デメリット」について考えていきましょう。

新しく家を建てたいと考えた時、まず2階建てと思う方は少なくないと思います。
しかし最近は核家族が増え、1世帯の人数が減ってきたこと、おしゃれな居住空間を楽しみたいなどの理由から、新築で平屋を希望する若い世帯が増えているようです。

ゆったりとした開放的な空間を楽しめるのが平屋の良いところですが、そのほかに一体どのようなメリットがあるのでしょうか?
平屋の機能面や購入後の生活などの観点から、そのメリットを紹介すると同時に、購入後にこんなはずじゃなかったと後悔しないよう、そのデメリットについても解説していかせていただきます。

【メリット】

①家族間のコミュニケーションが取りやすい

通常の2階建てだと1階と2階でフロアが別ですが平屋は同じフロア内にすべての生活スペースが収まることになり、家族で顔をあわせる機会が多くなり、コミュニケーションが取りやすくなるというのはメリットと言える点です。

②2階建てより構造的に安定しやすい

地震が多い日本に住んでいる以上、住居の耐震対策は重要です。
耐震性を考える時に重要なのは建造物の重量です。
重量が重いほど地震が発生した時の揺れも大きくなります。

その点、平屋は重量が軽くなりますから、地震に強い住居であると言えるでしょう。

③階段部分のスペースを有効活用

2階建て住宅の場合、一般的に階段やそのホールに必要なスペースは4畳から5畳分と言われています。平屋は1階しかありませんので、階段を作る必要がありません。
4畳から5畳ほどのスペースがあれば、書斎にしたり寝室にしたりさまざまな使い道が考えられるのでメリットと言えるでしょう。

さて、ここまで平屋のメリットを書いてきましたが続いてはデメリットについても書いていきます。

【デメリット】

①工事にかかる坪単価が高くなりやすい

坪単価とは、1坪あたりにかかった建築費のことです。
同じ床面積の平屋と2階建てで比較すると、基礎部分の面積は平屋の方が広くなります。
すなわち、基礎工事に必要な面積が2階建てよりも広くなるため、坪単価が上がってしまうのです。

屋根に関しても平屋のほうが大きくなるため、やはりその分だけ費用はかさみます。

②部屋数を増やすには広い敷地が必要

4つの部屋がほしい場合、2階建てなら1階と2階にわけて部屋を作ることができます。
しかし、平屋の場合は同じフロアに部屋を作るため、その分だけ広い敷地が必要です。

土地が余っていて安い地域であるなら、ゆったりとした造りの平屋も可能ですが、土地代の高い都心の場合は土地の購入も難しくなってくるでしょう。

③プライベートの確保が難しい

平屋のメリットのひとつに、家族間でのコミュニケーションが取りやすいことがありました。
逆を言えば、お互いのプライベートを確保するのが難しいというデメリットにもつながります。

限られた面積でプライベート空間を確保するには、ロフトを作る、リビングをパーテーションで仕切るなどの工夫が必要になってくるでしょう。

さて、「平屋のメリット・デメリット」について簡単にご説明させて頂きました。
あくまで一般的に言われている事ではありますが平屋を希望される方のご参考にして頂けますと幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

【アジア住宅販売志木支店店舗情報】

所在地:埼玉県志木市本町4丁目11-3 1F 
店舗前に駐車場2台有り
交通:東武東上線「志木」駅 徒歩12分 営業時間 10:00 ~ 19:00  水曜定休
TEL  048-458-0250
FAX  048-458-0251