不動産でよく目にする「市街化調整区域」について「12号」とは?

皆様お久しぶりでございます。アジア住宅販売の高橋です。本日は、気になっている方も多いと思いますが「都市計画法34条12号(親族要件)」の解説をして参りたいと思います。

その前に・・・

~脈絡もなく勝手に自己紹介コーナー~

出身地は埼玉県で、現在も埼玉県三芳町在住でございます。この先も一生、埼玉県で暮らすのだろうな…と薄々感じております。でも都内にもすぐ行けるし住みやすいしって…案外便利なんですよ?笑

自宅では、パグ(毛色:フォーン)と密かに暮らしております。常におじさん顔のワンコとても愛おしいですね。趣味は、旅行と映画鑑賞です。思い出の旅行先といえば、スペインのバルセロナでしょうか。月並みですが「サグラダファミリア」は本当に魅力的でしたね。そして「タパス」と呼ばれるおつまみを友人とお洒落に食べながら過ごしました。あとは、映画館で観る映画も最高ですよね。臨場感・迫力・音楽等どれも非日常的で刺激的でございます。

と・・・、長い自己紹介は終わりにして早速「12号」についてお話ししていきます。

都市計画法第34条12号とは?

都市計画法第34条12号(以下「12号」という)
12号とは「一定の条件を満たす場合のみ建築可能な土地」のことです。 

土地には【市街化区域】と【市街化調整区域】の2つ大きな分類があります。

・【市街化区域】は誰でも家を建てる事が可能な土地。
・【市街化調整区域】は各市区町村で定められた規定に該当する場合に建築出来る可能性のある土地。

※市街化調整区域では原則として宅地の造成及び建物の建築は出来ません

注意)ただし、当該市街化調整区域(隣接市町村の市街化調整区域を含む)に①20年以上居住している ②6親等以内(下記画像参照)の③ご親族がいらっしゃる方で、当該物件をお求めになる④ご本人に所有している不動産が無い方は、自己の居住の用に供する建築物を建築する目的で「都市計画法第29条の開発許可(都市計画法第34条第12号該当による)を取得できる可能性がございます。市街化調整区域は土地が広くて・安くて・区画が綺麗な土地が多い為、6親等のご親族がいらっしゃる方はラッキーです。土地費用を抑えた分建物に予算が回せますからね。ご自身が12号要件に該当しているか否かを確認されたい方は是非アジア住宅販売へお気軽にお尋ねください。

川越市の隣接市区町村

参考までに川越市の隣接市区町村は下記となります。

・さいたま市
・上尾市
・川島町
・鶴ヶ島市
・富士見市
・ふじみ野市
・三芳町
・所沢市
・狭山市
・日高市

株式会社アジア住宅販売 川越本店

当社、アジア住宅販売 川越本店では、一戸建て・土地を様々ご紹介しております。営業スタッフが、心を込めてお客様にご満足いただけるようにご案内致します。是非、お問合せ下さいませ。

お住まいに関するご相談は、アジア住宅販売 川越本店まで! お待ちしております!

住所/埼玉県川越市大塚1-32-1 アジアビルディング1F

駐車場/店舗横に有

営業時間/平日9:30~18:30  土日祭 9:00~18:00

定休日/水曜日

TEL/049-238-9001

FAX/049-238-9002

更新:2020/04/30