人生100年時代に備え50代で見直し!住宅プランと住宅ローン

こんにちは。アジア住宅販売川越本店営業の山口です。

夏が終わり少しづつ涼しくなってきましね。
季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さんも体調には気つけていきましょう。今年もあと2ヶ月なので病気にならず今年を乗り切りたいと思ってます!

さて、余談はここまでにして、本日書かせて頂きたいテーマは

『人生100年時代に備え50代で住宅プランと住宅ローン』についてご紹介します。参考にして頂ければ幸いです。

『人生100年時代に備え50代で住宅プランと住宅ローン』

出典 Frameillust

人生を100年とするなら、50代はまだ折り返し地点。もし、100年生きるとしたら資産寿命を延す努力をしていく必要があります。50代以降の住宅プランと住宅ローンの返し方は、どのように行えばよいのでしょうか。

50代になったら今後の「住宅プラン」の見直しを!

今後の「住宅プラン」について、1度見直しをしてみませんか。
50代は子どもがいれば教育資金に追われ、人によっては親の介護問題などに直面している年代かもしれません。

しかし、この先の自分自身の人生においても重要な年代と言えます。

50代で考えておきたいものの1つが、今後40~50年の「住宅プラン」です。現在、持ち家で、今の家に住み続ける場合は、住まいの寿命・リフォーム・建て替え、もしくは新しいお家に住みかえる事も考えて資金の準備をしておく。

また、自身の老後をイメージしつつ、資金的な余力を残しておくことが大事です。
住みかえも、親の介護などもあって実家に戻ってくる、自身の老後に備えて移住するなど、目的もいろいろあるかもしれません。

お家を購入するのか、賃貸か。持ち家なら、元の家を売却するのか、賃貸で出すのか。
必要な資金面の準備も考えていかなければなりません。
賃貸で来た方々も、今後もずっと賃貸でいくのか、これから住宅を購入するのか。資金の準備を行うためにも、考えてみてはいかがでしょうか。

・「子どもが独り立ちしたら小さなマンションに住みかえる」
・「1人になったら、家を売って有料老人ホームに入る」
・「死ぬまでマイホームに住み続けたいので資金をしっかり用意しておく」

など、中長期の「住宅プラン」のイメージを持つことが大事です。

自分の介護期のイメージも持つ

出典 ケア転職ナビ

前述の住宅プランの先には、ご自身の介護期の過ごし方のイメージも持つ必要があるでしょう。介護は今や老後資金同様、自己責任の時代です。
「家族の誰かが何とかしてくれるはず」と人任せにせず、資金的にもご自身で準備をしておく必要があります。要介護状態になったら特別養護老人ホーム(特養)に入る」と簡単に考えている人もいますが、費用が安めで頼みの綱となる分、入居待ちが発生している状態です。

要介護状態になったときは、介護付き有料老人ホームに一時的に入居して、特養に空きができるのを待つという方法もあります。

資金的にゆとりがあれば、介護付き有料老人ホームを利用するのも1つの方法です。看取りまでしてくれる施設を選べば、亡くなるまでいることができます。どのような介護を考えていて、それはどれくらいの費用がかかりそうか。その準備をするためにも、50代から介護期まで見据えた住プランを考えることは大切です。

住宅ローンの完済時期の見込みは?

出典 不動産関係のフリーイラスト素材

「住宅プラン」とともに把握しておきたいのが、住宅ローンの完済時期の見込みです。なぜなら、住宅ローンを完済することも老後資金準備の一部と考えられるからです。

退職金が入ってくる予定だったり、資金的に余裕があれば、繰上返済(期間短縮型)を行って完済してしまう方法もあります。どれくらいのメリットがあるかは試算をして確認をしてみてはいかがでしょうか。
繰上返済を行わないという選択もあります。資金の一部で運用を行い住宅ローンの金利以上の収益を目指す場合や、または住宅ローンに付いている団体信用生命保険を「保障」として残したい場合に有効です。

一方、借換えは、今借りている住宅ローンをより条件のいい別の住宅ローンに乗換えることをいいます。残債額などによっては、金利差が0.1%程度であってもメリットが出る場合もあるので、借換え前後の返済総額を試算して比較してみましょう。

最後に・・・

 

出典 パブリックドメインQ

人生100年時代、マイホームは今や老後資金・介護資金の一部と捉えられるようになってきました。マイホーム資産を含めた資産寿命を延ばす努力が必要です。50代からの「住宅プラン」をどのように考えるか、住宅ローンをどう返していくかは、重要な問題となってきそうです。
さて、今回は「人生100年時代に備え50代で見直し住宅プランと住宅ローン」という題材で簡単にご説明させて頂きました。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

不動産の事なら、アジア住宅販売 川越本店へどうぞ!

住所:川越市大塚1-32-1アジアビルディング1F
TEL  049-238-9001
FAX  049-238-9002

アジア住宅販売 川越 HPはこちらです!

不動産に関する、あんなことやこんなこと知りたいけどどうしたらいいの?なんてことがありましたら、是非とも、お気軽に当店へお問い合わせ下さいませ。
株式会社アジア住宅販売 川越本店では、スタッフ一同が心を込めて、お客様のニーズにあった、ご案内・ご相談させて頂いております。どんな些細な疑問や不安な事・知りたいことなど構いませんので、お気軽にご相談をくださいませ。お電話お待ちしております。

毎週土日祝日は、新築一戸建ての現地販売会を開催致しております!

川越市的場 全11棟 現地   ←こちらに掲載しているのは、ある1棟です♪ 動画も掲載中です!!

川越市大塚 全4棟 現地 ←こちらに掲載しているのは、ある1棟です♪ 動画も掲載中です!!

この他にも、現地販売会を開催中です!お電話の上、ご来場頂けますと幸いです!!

関越自動車道「川越」ICすぐの、国道16号沿いにございます。お気軽にお立ち寄りくださいませ。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

キッズスペースも広くご用意しておりますので、お子様も安心して、お連れ下さいませ!