建築条件付き土地(売地)とは?メリット・デメリット(注意点)を解説!

こんにちは!アジア住宅販売川越本店の渡辺です。

土地探しをしていると「建築条件付き土地」や「建築条件付き売地」などの言葉を目にする事があると思います。今回はそんな「建築条件付き」の土地について、そもそもの意味やメリット・デメリット(注意点)などを解説していきたいと思います。

建築条件付きの土地についてお調べの方や、購入を検討している方はぜひ参考にして頂ければと思います。

「建築条件付き」ってどういう意味?

建築条件付きの土地とは、「建築」について、ある一定の「条件」が「付いた」土地の事です。

誰が誰にどんな条件を付けているのか。それは売主側が買主に対して「指定の建築会社で」「一定の期間内に」「建築する事」という条件をつけます。

「指定の建築会社で」と記載しましたが、売主自身となる場合が大半です。もしくは売主の子会社である建築会社となる場合もあります。

簡単にいうと「この土地を購入するなら、建物もウチで建ててね」という事です。

建売の業者さんが、建売用の建物を建てる前に一定期間、土地のみで販売する時も「建築条件付き」となる場合がほとんどです。

「建築条件付き」のメリットは?

土地の値段が相場より安い場合がある

売主側の立場からすると、建築条件付きの場合、土地だけでなく、建物でも利益を得る事ができます。土地と建物両方から利益を得る事ができるため、その分、土地の値段が相場より安く設定される場合が多いです。

立地のよい土地が多い

注文住宅を建てる為に、土地をいざ探してみても、理想の立地条件の土地となかなか出会えないのが現実で、そのようなお客様は多くいます。

売主となる土地の販売業者は、良い土地を少しでも多く仕入れるために、仕入れ専門部隊を用意して、日々土地のリサーチをしています。そして、立地のよい土地はすぐおさえていきます。

そして、立地のよい土地=ニーズのある土地=売れる自信がある土地、となるので、建築条件を付けて売りに出す事となります。

その為、建築条件付きの土地は、立地の良い土地の場合が多いという事ですね。

きれいな街並みとなる可能性が高い

冒頭でも解説したように、建築条件付き土地の場合、建売の業者さんなどが、まとまった区画を一社で販売し、最終的には建売とする場合があります。その為、新しくきれいな街並みが出来上がる可能性が高く、似たような世帯が同時期に入居する形になるので、ご近所付き合いなどの面でもプラスとなるかもしれません。

「建築条件付き」のデメリットは?

建築会社を自由に選べない

これは当たり前かもしれませんが、建築会社を指定されてしまうので、「建築条件付き」の土地の最大のデメリットとして挙げさせて頂きます。

自由に間取りや仕様を変更できない(場合がある)

通常の注文住宅を取り扱うハウスメーカーの中でも、得意な設計や間取りは違います。本当のゼロの状態から家づくりをできる場合もあれば、決まったプランから多少変更が加えられるといった程度のところ(プラン)もあります。その為、指定される建築会社によって、自由に間取りを変更できず、思い描いていた間取りや仕様にできない場合があります。事前に、どのような建築会社が指定されるのかを確認すべきですね。

設計の期間が限られる(場合がある)

物件によっては「土地の契約から〇か月以内に設計を決定しないとならない」などの条件が付く場合があります。その場合、十分に吟味・検討する時間がなくなってしまいます。

「建築条件付き」の土地~まとめ~

いかがでしたでしょうか。建築条件付きにはメリットもデメリットもある為、「向いている人」「向いていない人」がいます。

弊社では、仲介という中立な立場を活かして、お客様一人ひとりの状況を鑑みて、「向いている人」なのか「向いていない人」なのかをしっかりと判別し、ご提案いたします。

「ネットで見て気になるけど、本当に良い土地なのかな?」「この土地の良くないところってどういうところかな」など、土地を探していて生まれた疑問がある場合は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

お問合せお待ちしております。

お問合せはこちら

【コラム担当】