【令和の家選び方】家を買う動機No.1は?コロナショック時が買い時?

新居で解決したい「住まいの課題」とは?

皆さんは今のお住まいに不満はありますか――?

株式会社リクルート住まいカンパニーが行った最新の調査データ「『住宅購入・建築検討者』調査(2019年度)」によれば、購入・建築検討者が新居で解決したかった元の住まいの課題No.1は「資産性がなく、住宅費がもったいない」という結果でした。他にもいろいろな回答があり、これから家を買いたいという方にとっては、とても参考になる回答が多かったので、紹介させていただきます。

——ということで、今回は、不動産営業の目線から見た「住まいの課題や購入の動機等」について、はじめての方でもわかりやすく説明していきたいと思います。

どの理由が自分に近いだろうか?

資産性がなく、住宅費がもったいない

いわゆる家賃がもったいない問題ですね。毎月お金は払い続けているのに自分のものにはならない感じ…カナシイ。

住戸が狭い(専有面積)

家族が増えてきて手狭になったパターンが多いですね。賃貸では3LDKや2DKなどが多いので確かに手狭かも。

間取り(部屋の配置・数)がよくない

上記に付随した理由が多いですね。または住み替えで部屋数を減らしてリビングを広くしたいとかもありますね!

収納が狭い

物って気付いたら増えてますもんね…なんでだろう。

最寄駅から遠い

最寄駅から遠いっていうのは、住み替えの場合が多いかもしれないですね。ちょっと贅沢な悩みかも?

住宅費(家賃・ローン支払)が高い

都内の賃貸から郊外の戸建てに引っ越す場合など、月々の支出額は下がりますね!

生活環境が不便(商業、公共、医療施設など)

住宅購入から20年30年も経つと今まで気付かなかったことにも気付きますよね。近くに病院があったらいいのにとか

地域の雰囲気が悪い

地域柄、自治体、近隣の雰囲気等々。

通勤・通学が長い

できれば職場の通いやすいところに住みたいですよね。笑

耐震性能が不安

近年、自然災害が非常に多いです。以前の住宅では耐震性能を十分に満たしていない物件もあります。築年数の経っている物件は、大体が空き家になってしまっていると思いますが、住宅の性能は年々変化していくもの。買い替えもアリですね。

住戸の設備がよくない

リフォームで解決できるなら良いのですが、あまりにも工事料金が高くなってしまうくらいなら、いっそのこと買い替えたいという方も多いはず。車も中古で買ったけど、修理代がかさむ場合は新車を買ったほうがいい場合もありますよね。

日当たりが悪い

日当たりってもっとランキング上位にきてもいいと思ったのですが、なぜか中間くらい! 賃貸でも日当たりの良い物件は結構あるってことなのか、生活スタイルとして室内干しとかが多いのか…どうなんでしょうか? 既存の密着した住宅街では、旗竿地(敷地延長の土地)は、確かに日当たりは少し悪いかも。

省エネ・断熱性能が悪い

最近では、窓ガラスもLow-Eのペアガラス(2重になっている)とか、建材・設備の性能が上がっています。注文住宅は勿論、建売住宅でも標準装備されていますので昔とは全然違います。

周辺環境が悪い(街並み、公園、自然など)

周りの環境はどうしても変わっていくものですし…かといって生活するうえで絶対困るかといったらそうでもない…

実家から遠い

核家族化が進み、近所付き合いがあるわけでもない。共働き世代や親の介護をする方にとっては実家が近いことのメリットはありますよね。

庭がない

今は特に、コロナウィルスの影響で外出が出来ませんよね。そんな時に庭があれば、お家でバーベキューやプールなど楽しめますね。普段の手入れは少し大変ですが…笑

内装や間取り、設備を変更できない

いまでこそ可変型(間取りが容易に変えられる)の新築戸建てなどが販売されていますが、そんな物件ばかりではありませんね。長年住み続けられる住宅はGOODです!

災害が多い/災害の影響が心配

心配し過ぎて悪いことは無いですよね。

セキュリティが不安(エントランスホール含む)

これも地域によってまばらで、物件によっても変わります。自分たち家族にとってどんな物件が安全で心が休まるのか、人それぞれ違いますのでよく考える必要があります。

利用道路が少ない

交通の便が良すぎても常に渋滞が起こってしまったり、アウトドア派インドア派によって変わりますね。ちなみに私はインドア派です。笑

風通しが悪い

住宅街の奥まった土地に建つ家の方にとっては、なかなか気になる問題です。ただし周りが畑とか、家や建物が無さ過ぎても、風が強いときは砂埃等がすごいですけどね。

建物の管理状況が悪い

これに関しては、不満があふれてますね。自分で自由気ままにアレコレできる住宅を購入するほうが絶対に良い!!!

建物の外観・デザインが悪い

好みですね。。。

内装デザインが気に入らない(壁や床の質感や色合いなど)

これも好み。。。

教育環境が悪い(通学の便利さなど)

お子さん(第一子)が生まれるタイミング住宅購入をされる方が多かったりもしますが、次男・次女が小学校に上がるタイミングで購入したいという方は、今までとはガラッと環境を変えるという方もいらっしゃいます!

近隣居住者との仲が良くない

ニュースでもご近所付き合いやゴミ屋敷の住人のお隣さん等、世の中には色々な人がいますから、問題解決が困難な場合は引っ越さなければならないこともありますよね。

眺望が悪い

ん~~~~できれば私も眺めの良いところに住みたいです。宝くじ、当たらないかな~(笑)

共用施設が充実していない

最近では、共用スペースで自由にコーヒーメーカーが設置されている所や、カフェのように仕事が出来るスペースがある住宅もあるみたいですよ。時代に合わせて住宅のあり方も変わって行きますね。

その他

上記をみていると、人それぞれいろんな悩み・動機がありますね。十人十色、百人百色とも言いますから、ここには出でない理由も沢山あるかもしれません。なので、お家を買うタイミングは、皆さんが買いたいと思った時ですよ!

コロナショックの今、住宅は買っておくべきなのか?

この話は、最近お客様との話題にもよく出てきます。勿論、不動産業界の方とも話をするのですが、結論から言うと「お得な時期に買っといた方がいい」という考えに至ります。不動産コラムニストや経済評論家の方々が言うように、アフターコロナの日本は、今後インフレが起こる可能性が高いとは思いますが、戦後のような「物価が70倍に」なんてことは考えにくいのかなとは思いますので(実際は分かりません…)、今ちょうどタイミング的にも購入したいと考えている方にとっては、コロナの影響で価格がぐんと下がる今の購入を検討されてみるのもいいと思います。

現在、買い手の購入マインドの低下も有りますし、売主業者も会社存続の為の価格交渉はある程度受けるでしょうから、月々の家賃を大幅に超えるような無理な住宅ローンを組んで、頑張る!という訳でなければ、購入をお勧めします。

仮にインフレになったからと言って5千万円の住宅ローン(借金)の金額が、例えば戦後の物価70倍の35億円になる事は有りません。変な話、お得な時期に家を買ってインフレが来たら繰り上げ返済でドカッと返済できたらラッキーくらいに考えるほうがいいかもしれませんね。

【筆者:自己プロフィール】

氏名:Takahashi Mimi

学歴:都内私立大学 卒業

性格:好奇心旺盛です。パグのように温厚で食いしん坊。ただケンカ騒ぎは苦手です…

強み:女性ならではの共感力があります。私自身、お話することが好きなので打ち合わせを重ねるごとに、お客様の好きなものに触れて、理解していくことで良い提案ができると思っています。

趣味:映画鑑賞、岩盤浴、YouTube鑑賞など

おまけ:最近ハマっていることは、「2週間で10キロ痩せるダンス」です。←ギブアップ

担当してきた業務内容

・お客様のお住まい探しのサポート

・建物の開発申請等の段取り、その他業務

・ハウスメーカーのご紹介・付き添い

・企業様へ向けた資材置き場のご提案

・診療所クリニックの開業の為の業務

【株式会社アジア住宅販売】川越本店について

 

当社、アジア住宅販売 川越本店では、一戸建て・土地を様々ご紹介しております。わたくし含め営業スタッフが、心を込めてお客様にご満足いただけるようにご案内いたします。

是非、お問合せください。

電話よりも直接会って色々聞きたいというお客様、直接店舗にお越しいただいても大丈夫です。いつでも大歓迎です!

お住まいに関するご相談は、アジア住宅販売 川越本店まで!お待ちしております\(*´▽`*)/

川越本店~基本情報~

・住所/埼玉県川越市大塚1-32-1 アジアビルディング1F
・駐車場/店舗横に大型駐車場有ります
・営業時間/平日9:30~18:30  土日祭 9:00~18:00
・定休日/水曜日
・TEL/049-238-9001
・FAX/049-238-9002

※「新型コロナウィルスの対策について」

弊社、アジアグループでは新型コロナウィルス及びインフルエンザの感染予防対策として、社内・外出先にてマスクを着用、石鹸及び流水による手洗いなど、一人ひとりが出来ることから対策を進めております。

既にご存知の通り、中国で発生した新型コロナウィルス感染症は日本を含め欧州、北米など世界各国で急速に拡大をしております。パンデミック宣言により世間の不安が増している昨今、弊社は、お客様が安心してご来店いただける環境づくりを行って参ります。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。