埼玉県子育て応援制度【最大50万円補助】多子世帯について(新築住宅編)

こんにちは、アジア住宅販売大宮営業所の関根です。暑さ寒さも彼岸までの慣用句のように、今年の夏の酷暑より涼しい季節になってきました。小学校の運動会や地域の運動会等のシーズンとなり、体を動かすには良い季節になりました。夏太りを解消したいきたいですね。

埼玉県多子世帯向け住宅取得等支援制度とは?

埼玉県では、子育てしやすい住環境の整備を促進することにより、希望する数の子供が持てる環境づくりを図るため、新築住宅・中古住宅の取得に係る諸費用に対し、最大50万円を補助する住宅支援を実施する制度です。

住宅支援の対象となる世帯(多子世帯とは)

18歳未満の子供が3人以上の世帯又は18歳未満の子供が2人で3人目を希望する夫婦がともに40歳未満の世帯の方が住宅支援の対象となります。

多子世帯とは、子供が3人以上いる世帯のことです。

上記以外にも対象となる要件がございます。

対象となる要件(新築住宅編)

1、新築住宅である

2、自己居住用の住宅である

3、建物の床面積100平米以上かつ敷地面積110平米以上である

4、建物の所有権が申請者及び配偶者合わせて持分1/2以上ある。

5、住宅取得の契約日が平成29年4月1日以降で住宅取得の完了日が平成30年4月1日以降である

6、埼玉県子育て応援住宅証明書の交付を受けているまたは住宅の評価(住宅の立地条件・住宅の設備など)の必要点数を満たしている

上記の要件を満たしていることで、補助額を申請することが出来ます。

最大50万円の補助額とは?手続き方法や受け取り方について

新築住宅の購入に係る諸経費に対し最大50万円の補助が受け取れます。住宅の購入時に係る、「諸費用」にあたります。「諸費用」とは、印紙税・登記費用(司法書士報酬料・登録免許税等)・仲介手数料・住宅ローンの手数料や保証料などが対象です。

補助金額を確認する

住宅の購入に要した、諸費用の実際に支払った金額となります。

例1、登記費用等(40万円)+仲介手数料(90万円)=150万円

補助額は50万円となります。

例2、登記費用等(20万円)+仲介手数料(20万円)=40万円

補助額は40万円となります。

補助金の最大が50万円ですが、実際に支払った金額が対象となります。また、「諸費用」には引越代や追加工事等の費用は対象外となります。

申請手続きの流れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補助金を受け取れるまでの流れです。上記を参照ください。

補助金の受け取り

県の審査が終了次第、順補助金の交付を行っております。通常、書類提出後(書類に不備がない状況)申請から約1か月ほどで県から「交付決定兼確定通知書」が郵送されます。その後2週間程度にて、指定口座へ振り込みとなります。

予定件数・受付期間

新築住宅の補助金予定件数「500件」です。埼玉県内ですが、とても多くの方が補助金の申請が出来ます。

受付期間、平成30年4月2日から平成31年3月15日までです。約1年の受付期間を設けております。ただし、予定件数に達した際には受付が終了してしまいます。

以上、簡単ではございますが埼玉県多子世帯向け住宅取得支援制度についてでした。

住宅購入に関して、他にも国・都道府県・市町村等が購入に関してまたはリフォーム等に関して補助を行っております。気になる際は、区役所・市役所へお問合せしてみてください。または、住宅購入に関しての相談事は下記へお問合せください。

株式会社アジア住宅販売 大宮営業所

住所:埼玉県さいたま市北区大成町4-204-1

TEL:048-662-2005

FAX:048-662-2006

不動産のことならアジア住宅販売 大宮営業所まで!!

お気軽にご質問、ご相談ください。

スタッフ一同心よりお待ちしております(^_^)