【不動産価格?相場ってなに?】よく聞かれる質問①

みなさん、こんにちは!志木支店の福島です。いつもホームページを閲覧して頂き、ありがとうございます。お盆休みを頂戴して、リフレッシュしてきました。普段、私は妻と休みが合わないので家族サービスがメインとなりましたが、充実した時間を過ごせたことに感謝しています。

さて、以前コラムでご紹介させて頂いた『第100回全国高校野球選手権記念大会』より、南埼玉代表の浦和学院が夏の甲子園で32年ぶりにベスト8入りしました。おめでとうございます。先日、惜しくも敗れてしまった花咲徳栄も大熱戦を繰り広げていました。真剣な姿がとても輝いていました。最後まで諦めない姿に感動しました。ありがとうございます。引続き、数々のドラマを楽しみにしています。

■~よく聞かれる質問から~『①不動産価格について』

今回は、不動産を購入する際によくある質問からポイントをピックアップしてご紹介します。

不動産購入を検討する際に、先ず大きく左右するのが『不動産価格』です。お客様に「〇〇エリアで〇〇〇〇万円くらいの物件を探しています。」と言われます。情報を多く得ている方は、『相場』に合った価格をもとに話をされますが、中には、情報源が少なく『相場』とは合っていないケースも多く見受けられます。

そもそも、不動産は個別性が非常に強い資産であるため、売り出されている価格が妥当なのか、その判断をすること自体が極めて難しいので仕方がありませんね。特に、売主と買主の交渉により最終的な売買価格が決定します。良い不動産仲介業者であれば、希望地域の相場の説明ができますし、答えられます。その中で、多少なりとも不動産価格に関するベースとなる考え方を少しでも理解しておくと便利なのでご紹介します。

■~不動産価格のベースとなる考え方~

不動産には一つとして同じものは存在しません。同じ地域の土地でも、面積、方位、接する道路状況などによって、価格が大きく変わることがあります。

例えば極端ではありますが、同じような形で
①北向き15坪の土地と
②南東角地35坪の土地
があったとします。

単純に建物を建てるのであればどちらの土地を選ばれますか?大半の人は、②を選ばれると思います。このように、不動産価格の妥当性を判断する場合には、不動産の特徴を踏まえて物件ごとに検討する必要があります。

また、物件ごとの特性・性質以外にも、タイミングにより価格が変動していく場合もあります。たとえ同じ不動産を取引する時期が変われば大きく変わる場合があります。

ここでの例え話として、私の経験上の話なのですが、『A地域はもともと、建物が少なかったのですが、開発分譲されて、数年後の新築住宅の販売価格が当初の500万円~1,000万円くらい高くなっている』ということがありました。

したがって、不動産価格を判断する場合には、市場全体の動向を踏まえて、取引時期に応じて検討する必要があります。たまに、「数年前は、坪〇〇万円だったから、その当時の価格に合わせて購入を考えています」という方もいらっしゃいますが、『今現在がどうなのか?』を重要視して物件探しを始めて頂ければと思います。

次に、不動産売買は、スーパーなどで買い物をするように、提示した金額に対して「買うか、買わないか」を選択するものではありません。売主と買主が個別に希望条件を調整し、合意した時にはじめて価格が確定します。

このように、不動産価格は個別の『取引』ごとに決まりますので、その価格を客観的なデータだけで検証・算出することはできません。不動産購入で後悔しないためには、より多くの情報を掴み、納得できる説明を受けつつ、良き不動産仲介業者を見つけることにより売主との交渉も進み、自分自身が納得する取引ができるようになります。

以上、簡単ではありますがまとめさせて頂きました。ご参考にして頂けましたら幸いです。ではでは。

■富士見市水谷東/新築分譲住宅/全2棟(残1棟)/2,590万円/東武東上線『志木』駅より徒22分(平成30年8月17日現在)

『志木』駅の新築分譲住宅を販売中!


1号棟→2,590万円/3SLDK(4LDKタイプ)/土地72.09㎡(約21.80坪)/建物119.46㎡(約36.13坪)
2号棟→【おかげさまでご成約】
【おすすめポイント】志木駅から徒歩圏内。徒歩1分程でバス停があり、駅利用の通勤・通学アクセスが良好です。また、何よりも価格が安い!月々のコストを考えても、魅力のある物件です。詳細は、店舗までご連絡ください。

■お住まい探しは株式会社アジア住宅販売/志木支店


お住まいに関するご相談、ご質問等は株式会社アジア住宅販売・志木支店までお気軽にどうぞ。スタッフ一同、心よりお待ちしております。【048-458-0250】