「住宅地」と「水害」の関係について考えてみる【地盤で住む土地選び】

こんにちは。アジア住宅販売大宮営業所 営業事務の内山です。

 

 

 

 

 

今年の夏は水害に加え、コロナの影響で、例年以上に心配事が多い時期になりそうです。

通常であれば、プール開き、海水浴、スイカ割、夏祭り、花火大会、お盆休みなど、楽しい行事や催し物がいっぱいの夏のはず!何も気にせずただ純粋に楽しめないというのは、少し残念です。

けれど今年の夏は、このコロナ渦でもより安全に過ごすための”新しい生活様式”を作り上げる重要な年なのかもしれません。

さて、この時期に多い心配事のひとつである、水害。
今回は、「水害と住宅地」の関係について考えてみたいと思います。

?? これから家を買おうとする時、まず何を基準に選びますか ??

皆様はこれから家を買おうとする時、まずどんな事を考えるでしょうか?場所か、種類(戸建て?マンション?)か、間取り(3LDK?・4LDK?)か・・・。「まず、場所!」と答える方は多いと思います。例えば「〇〇駅から徒歩圏内!」とか、「職場から車で〇〇分以内!」とか、「コンビニやスーパーが近くて便利なところがいい!」とか・・。なかなか、「地盤が丈夫なところ」「水害に縁のないところ」と真っ先に答える方は少ないのではないでしょうか?

また中には、水害や災害に注意が必要な場所だとわかっていても、そこが故郷であったり愛着があったりして、やはりその地は離れられない。という方も数多くいらっしゃると思います。今回はそのような場合は抜きにさせて頂き、一般的に土地を選ぶ方法の一つとして「水害や災害に対して強い地域・注意が必要な地域」をいろいろな方向から考えてみたいと思います。

そもそも、水害に見舞われやすい地域とはどのような場所なのでしょうか。
水害とは、「土砂崩れ」「河川氾濫」「液状化」「浸水」などがあります。

❏❐水害(災害)の発生しやすい地域❏❐

・・・中学校地理のテキストに出てきそうなワードが続きますが、復習のつもりで調べてみました。どうか眠くならずに読んで頂けると嬉しいです。※宅建にも必要な知識ですね!

扇状地

山地 から平坦地に広がる出口付近の地形で、砂や砂利で作られた、住宅地としても比較的良好な地盤です。扇状地で有名な地域は甲府盆地。扇状地は水はけもよく畑や果樹園に適していて、特に扇央部ではぶどうやももなどの果樹園も多く存在しています。ただし土石流のリスクがあり、注意が必要です。扇状地の代表的な場所と言えば、山梨県の甲府盆地。果物の産地としてとても有名ですね。

出典:旅と地理 / 高校地理をわかりやすく

三角州

川の流れによって運ばれてくる粘土や砂が、へつながる河口付近に堆積し形成される三角地帯です。ギリシャ文字で「Δ」と書いてデルタと読み、デルタ地帯とも呼ばれます。山地や台地と比べると軟らかい地盤で、液状化のリスク地震時に揺れやすいという難点があります。

※三重県雲出川の三角州

粘土や砂が蓄積した、水はけが悪く住宅地としてはあまり向いていない土地のようですが、水田としては最適な土地で、稲作地帯になることも多いようです。地盤が弱いとはいえ、水の便が良く作物もよく育つことから、三角州には大都市ができることが多いようです。

東京、大阪、名古屋などの下流域の大部分は、このデルタ上に立地しています!場所によってはリスクのある埋立地ですが、新たに開発された新しい土地がほとんどの為、「綺麗な区画」「新しい街並み」「首都圏へのアクセス」「高層マンションからの見事なシーサイドビュー」などの面でやはり人気で、一般的に土地値も高いです。なんだか矛盾しているようですが、メリットもデメリットもあるということですね!

※三角州の大都市
参考:旅の情報~地理の世界から~ / スマ研~住まいの安心研究所~ / CHIKEN~戸建て住宅の地盤~

埋立地・干拓地

「埋立地」とは、もともと海や湖だったところを人工的に埋め立てて、土地にしてしまうことです。

「干拓地」とは、海岸の浅瀬や干潟(干出と水没を繰り返す平らな砂泥地)の周囲に堤防を造り、水を完全にシャットアウトした状態で排水をして水分や塩分をなくして土地利用することです。

どちらも似ていますが住宅地としての利用となれば、一般的にはどちらかというと埋立地の方がまだ安全とされています。

出典・引用:九州農政局

埋立地として代表的なのは、やっぱり東京湾でしょう。ご存じのとおり東京は大都市です。つまり多くの人たちがこの埋立地に居住しているということですね。おもしろい資料をみつけました!左は1800年代の東京湾(ビフォー)、右は2000年代の東京湾(アフター)です。

出典・引用:マンションジャーナルbyカウル

ご覧のように、中央区や港区、特に江東区はそのほとんどが「埋立地」です。時代は遡って、1590年代の江戸時代頃から埋め立ては始まり、2008年までには、5,730ヘクタール、千代田・中央・港・新宿の4区を合わせた面積に匹敵する面積が埋め立てられました。

2〜4mの浅瀬が続いていた東京湾は非常に埋め立てがし易かったようです。逆に、浅瀬のために大型の船などが入れなかったので、埋立地を造ることによって人の住む場所を損なうことなく交易に適した土地を造る事が出来、一石二鳥だったようです。

干拓地としての有名所は、秋田県の「八郎潟」でしょうか。こちらもおもしろい資料がありました。

出典:世紀の大事業 八郎潟干拓

当初は、琵琶湖に次ぐ国内第2の湖であった八郎潟(ビフォー)でしたが、現在は右のような農地になっています(アフター)。
   工事着工は昭和32年から始まり、周囲52kmに及ぶ堤防の築造など、幾多の難問が立ちはだかりました。すべての国営干拓事業が終了したのは昭和52年です。新しく生まれた国土は約17,000ヘクタール!およそ20年の歳月と約852億円を投じた大事業が完了しました。現在では人口約3,300人の村へと成長し、日本の平均農地面積の10倍を超す大型農業が営まれています。

また、干拓地というと真っ先に思い浮かぶのは「オランダ」という方も多いと思います。「ポルダー」とか、有名ですよね。”世界の陸地は神が造ったが、オランダはオランダ人が造った”という有名なことばがありますが、この八郎潟の干拓事業にもオランダ人の指導者が関わっているようです。ちなみに オランダの国土の1/4は干拓地 だそうです!! 流石ですね!

海抜0メートル地帯

また海抜0メートル地帯と呼ばれる「東京湾、伊勢湾、大阪湾」の周辺の地域も住宅地としては注意が必要です。濃尾平野の「輪中」も有名です。文字通り、海の高さと同じ0m、もしくはそれよりも低い場所ですので、以前より水害対策が発達してきている現代とは言え、水害への十分な注意が必要です。

出典:知ってるつもり?納得の住宅選びとは。

埋立地や干拓地での主な水害は、「浸水」や「液状化・地盤沈下」です。下の写真は「液状化」により地盤が沈下し、地中に埋設していた配管が浮き上がっています。

出典・引用:国土地理院

・。・災害の可能性や地盤の確認に便利!「地盤サポートマップ」。・。

ては、”もっと具体的に”自分の住みたいと思っている、または現在住んでいる土地の災害リスクを知りたい!という方必見です。「地盤サポートマップ」でいろいろ調べてみました。

※ちなみに「家マーク」は弊社「アジア住宅販売 大宮営業所」の所在地である、さいたま市北区周辺です。
項目別に表示してみました。

地耐力

地盤の強さ順に「黒:強い 緑:やや強い青:ふつうピンク:弱い
右側のピンク色の多い地域は越谷市辺り。「越谷レイクタウン」が近年開発されていますが、レイクタウンを直訳すると「湖の街」。こちらの地盤は主に「自然堤防」です。住宅としては液状化の可能性も高いので、注意が必要です。

.

液状化の可能性

可能性の低い順にグラデーションで「黄色となっています。

.

浸水水想定区域

可能性の高い順に「 → 水色 → 黄緑

.

地震時の揺れやすさ

揺れにくい順にグラデーションで「黄色オレンジ

.

土砂災害危険個所

:土石流危険渓流  :土石流危険区域
:急傾斜地崩壊危険個所  :急傾斜地崩壊危険区域
:地すべり危険個所  :地すべり危険区域

出典:地盤サポートマップ

。・。最後に・。・

これまで水害に注意が必要な地形や住宅地を見てきました。では住宅地として向いている地形はというと、一般的には段丘(台地)。※山地・丘陵も地盤としては丈夫ですが、山地の殆どは都心から離れており、交通の便も良くない場合が多いですね。

段丘(台地)で代表的な地域は、関東ローム層からなる武蔵野台地や、九州のシラス台地が有名ですね。ローム層とは、約13万~2万年前の火山活動が盛んな時期から、長い年月をかけて降り積もった火山灰からなる地層で非常に古く安定した地層です。

「武蔵野台地」。その範囲は東京都区部の西半分、立川市、福生市、青梅市などの市部の一部、そして所沢市など埼玉県の入間市や志木市、新座市や川越市などを含む、荒川と多摩川に挟まれた面積およそ700km2の台地です。

アジアグループでご案内している「土地」や「住宅」の殆どが、この台地にございます。もちろん、だから絶対安心というわけではありません。もっと細かなその土地の特性や建物の注意点など、お客様が少しでも気になること、疑問に思うことなど、わかりやすく親切丁寧にご案内できるよう、日々精進して参ります。

株式会社アジア住宅販売 大宮営業所のご案内

住所:埼玉県さいたま市北区大成町4-204-1
TEL:048-662-2005
FAX:048-662-2006

不動産のことならアジア住宅販売 大宮営業所まで!

★お気軽にご質問、ご相談下さい! ★スタッフ一同心よりお待ちしております!