【夏のイベント】☆七夕(たなばた)☆

みなさん、こんにちは!志木支店の福島(ふくしま)です。本日は『七夕』ですね。急にへんてこなお話になりますが、妻の職場が保育園ということもあり、『七夕』の出し物の準備を夜な夜な手伝いました。私も皆さんと同じように幼い頃は短冊にお願い事を書いてお祈りをしたものです。今回は、地域ネタは短めになりますが『七夕』についてお話しようとおもいます。

■~実は世界各国共通~『七夕』


先ずは、概要についてですが七夕(たなばた)は、中国、日本、韓国、台湾、ベトナムなどにおける節供・節日の一つとの事です。五節句の一つにも数えられます。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事でありましたが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れてしまいました。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されています。世界で七夕があることに私は驚きました。ではでは、次に風習に関して説明しますね。

■~『七夕』の風習~日本編


ほとんどの神事は、「夜明けの晩」(7月7日午前1時頃)に行うことが常であり、祭は7月6日の夜から7月7日の早朝の間に行われる。午前1時頃には天頂付近に主要な星が上り、天の川、牽牛星、織女星の三つが最も見頃になる時間帯との事です。全国的には、短冊に願い事を書き葉竹に飾ることが一般的に行われていますね。短冊などを笹に飾る風習は、夏越の大祓に設置される茅の輪の両脇の笹竹に因んで江戸時代から始まったもので、日本以外では見られません。「たなばたさま」の楽曲にある五色の短冊の五色は、五行説にあてはめた五色で、緑・紅・黄・白・黒をいう。中国では五色の短冊ではなく、五色の糸をつるします。さらに、上記乞巧奠は技芸の上達を祈る祭であるために、短冊に書いてご利益のある願い事は芸事であるとされています。また、お盆や施餓鬼法要で用いる佛教の五色の施餓鬼幡からも短冊は影響を強く受けています。サトイモの葉の露で墨をすると習字が上達するといい、7枚のカジ(梶)の葉に歌を書いてたむける。俊成の歌に「たなばたのとわたるふねの梶の葉にいくあきかきつ露のたまづさ」とあります。このようにして作られた笹を7月6日に飾り、さらに海岸地域では翌7日未明に海に流すことが一般的な風習であるとの事。しかし、近年では飾り付けにプラスチック製の物を使用することがあり海に流すことは少なくなりました。地区によっては川を跨ぐ橋の上に飾り付けを行っているところもあるとの事です。私も今回のコラムのネタの記載で勉強になりました。

■東武東上線沿線上『上福岡七夕まつり』のご紹介


「上福岡七夕まつり」は、上福岡駅周辺の商店街を中心に開催され、駅周辺には、商店街や自治会、小・中学校PTAなどの方たちが趣向を凝らしたたくさんの竹飾りで彩られ、露店も多数出展し、情緒あふれる伝統のお祭りです。私も中学時代に行ったことがあります。にぎやかで楽しいお祭りでした。今年の主なイベントは、竹飾りコンクール、阿波踊りの競演、各団体のステージなどがあり、目玉イベントがたくさんあります。また、例年、2日間で17万人が来場し、市民のお祭りとして楽しまれています。アジアグループも例年、うちわ配りをしていますので見つけたらお声掛けくださいね。

■『第64回上福岡七夕まつり』イベント情報

【開催期間】2018年8月4日(土)~2018年8月5日(日)

【最寄り駅】東武東上線『上福岡』駅

【会場】東口会場(福岡中央公園)、西口広場(ココネ広場)、上福岡駅周辺各商店街

【時間】《4日》11時00分~21時00分、《5日》13時00分~21時00分

■富士見市水谷東/新築分譲住宅/全2棟(残2棟)/2,690万円~/東武東上線『志木』駅より徒22分(平成30年7月6日現在)


『志木』駅の新築分譲住宅を販売中!以前もご紹介しましたが、さらに①号棟、②号棟が価格改定しました。


1号棟→2,780万円/3SLDK(4LDKタイプ)/土地72.09㎡(約21.80坪)/建物119.46㎡(約36.13坪)

2号棟→2,690万円/3SLDK(4LDKタイプ)/土地72.22㎡(約21.84坪)/建物120.27㎡(約36.38坪)

『土曜、日曜、祝日は現地販売会を実施中♪』現地販売業者ならではの細かい情報、また、サポートも充実しております。どうぞ、お気軽にお越しください!

■お住まい探しは株式会社アジア住宅販売/志木支店


お住まいに関するご相談、ご質問等は株式会社アジア住宅販売・志木支店までお気軽にどうぞ。スタッフ一同、心よりお待ちしております。【048-458-0250】